簡単な指笛のやり方や吹き方のコツを掴んで指笛で盛り上がろう

指笛の簡単な吹き方とやり方やコツを解説したサイト 指笛.net

指笛が簡単に吹けるやり方とコツや吹き方です

指笛の音はなぜ鳴るのか簡単に原理を解説

指笛で音を鳴らす前に、どのようにして音が鳴るのかというと
ボトルの口に唇を付けて、ボトルの入り口から内側に息を吹き込むと音が鳴ります。
この時の息を吹き込む角度と唇を着ける面積で音が鳴るか鳴らないかコツが決まります。この状態を口の中で笛のように再現するのがコツです。
ボトルの体積が口の中。ボトルの口を唇と指で。それぞれの形を作るコツをつかみましょう。

いざ!簡単な指笛の吹き方のコツ

指笛と一口に言っても原理は同じでもやり方がいろいろありますが、 1番簡単な方法として、片手の2本のゆびと舌とで口の中で笛を作り音を鳴らすコツを説明していきます。
下記画像のようにしてもなかなか音は鳴りません。ボトルで音を鳴らす時もそうですがコツがあります。そのちょっとしたコツを順番に説明していきましょう。

ちょっとしたコツがわかれば指笛の吹き方は簡単

1 右手でも左手でもいいので親ゆびと人差しゆびを使い、そのゆび先を着けてO.Kのサインをします。
図にもあるように2本のゆび先を着けた内側の角度は尖り気味にするのがコツ
指笛の指の状態
2 舌を奥へ丸めます。舌先を持ち上げることで舌の裏側に空洞が生まれます。
(ボトルで言う空洞部分になる大切な場所です)後でも触れますが、この容積で音が変化。
3 1、の2本の輪を口に入れます。ゆび先が2、の状態の舌の裏側へ着けるようにします。
(この状態がボトルの口に相当します)またゆびを口に入れる量は入れすぎず浅めにしましょう。
指笛が鳴る時の指と舌の状態
4 3、の状態で口に入れた2本のゆびと下唇との間に隙間があると思います。
(ボトルで言う口の部分)この部分に少し強めに息を吹き入れてください。この隙間下には
2で作った空洞があるので、その部分の空気に息を吹き入れることによって空気を振動させて笛の音を作ります。
音を出すコツとして口に入れるゆびの量、入れたゆびの2本で作った輪の口との角度などを調節しながら音が出るポイントを探してください。

指笛の応用で音程をつける

指笛の音が鳴るコツがつかめるとただ音を鳴らすだけではなく、上記でも触れましたが、 下の裏の空洞の容積を変化させることによって高音、低音を出すことができます。
容積を大きくすれば、低くなり小さくすれば高くなります。
舌を動かしたりあごを少し突き出したりすることによって容積が変化するので 音階のコツをつかむことによって曲を演奏をすることもできますよ。
指笛が鳴る時の口の中の様子